小さい男の挑戦

小さい男の挑戦

ペニスが小さい男のトライ

いきなりですが、ペニスの大きさに悩んだ経験ありますか?俺はあります。なうで悩んでます。自分が小さいって思い始めたのは、確か中学生のころ。
まだまだこれからだよって言ってくれる人もいたが、中学3年のころには「これ以上大きくならないなこれは」って感じ始めていた。
周りの友達は年齢と共に大きさが変わるやつもいれば、俺みたいに大きさが変わらないヤツもいた。
修学旅行だと大浴場でみんな一斉に入るじゃんか。その時間が苦痛でしかなかったんだ。クラスのやつらはみんな自分のペニスを見せて、誰がでかいとか誰が長いとかくだらないことで大盛り上がり。
俺はもちろん自分のモノに自信がないから、その輪には加わらずにさっさとお風呂を済ませていたっけ。
もちろん声をかけられてもフルシカト。そうでもしないとバカにされることは分かっていたからだ。
子どもの時って男女問わずみんな残酷だよな。あの時そう思ったわ。
女子は女子で同性の文句言ったり、自分達が気に入らない男子の文句言ったりバカにしたり。俺はなぜかその時女友達が多かったから、普通に文句を聞かされてた。
だから聞きながら「こいつらみんな酷いな」とか思いながら、顔ではヘラヘラしてたね。
男子どもはあいつのノリが悪いだの、あっちの大きさが小さいだの下ネタか女子のおっぱいにしか目がいってなかったね。
「あいつマジでエロい身体してるよな」とか、毎日1回は耳にしてたんじゃないかな。

いきなりだが、ここで俺の自己紹介を記しておく。
俺の名前はナナシ。ブログ用の名前を決めるなんてめんどくさすぎるので、ナナシで十分です。
彼女はいない。もちろんセフレもいない。でも過去に2人くらいと付き合ったことがある。
年齢は29歳。
働き先は事務系だ。いろんなおじさんとおばさんと共に仕事している。29歳で最年少扱いされているから、なにかと手厚く面倒を見てもらっている。

家は2LDKで猫のマフィンと一緒に暮らしているんだ。マフィンって美味しそうじゃない?
茶色い雑種猫で、目がクリクリしてて可愛いんだ。生後3ヵ月くらいの時に川らへんに捨てられてたのを偶然見つけてしまって、確保した。
まだ病院やっている時間だったから、野良猫連れてきてもいいか電話で確認してから向かった。
1匹だけだったから助けたけれど、これが2~3匹だったら話は変わっていたかもしれない。
あの頃の俺は、そんなに余裕のある暮らしをしていなかったしね。
でも1匹だけならと思って、見つけた瞬間に住むことを決意したんだ。
ダニ・ノミが酷かったけど、今は健康そのもの。毎年ワクチンも打ってもらって、ちょっとハゲてた皮膚も完全回復している。
猫OKの賃貸ってほんとうに少なくて、あの時住んでた賃貸の家主に見つかる前に引っ越ししたんだ。
もちろん壁に傷をつける前に。だから1人で2LDKとかいう豪勢な場所に住んでいる。
家賃が8万で高いけれど、こいつのおかげで仕事がんばれているようなもんだしね。

猫の話は置いといて。
俺のコンプレックスは前述したように、ペニスの大きさと太さが足りないことだ。
過去に2人くらい恋人がいたが、自分自身のペニスに自信がなくてそれぞれ合わしても10回もセックスしていないかな。
それぞれ2年半くらい付き合ってたけど、「身体の相性が微妙」「ネガティブ思考強すぎてムリになった」とかさんざん言われて一方的にフラれるのが毎回のオチ。

まあ何も改善しようとしてこなかった自分が悪いんだけど、こればっかりはしょうがないだろって思っている自分もいたんだな。

だから「あっそう。わかった」の2言で了承していた。彼女たちはそこも不満があったらしく、「ホント無愛想」「何その返事。最低」とか意味の分からないことを言われて破局したんだよね。
29歳にもなってここまで恋愛経験が少ないと、そりゃ諦めて猫に走っちゃうよね。
なんだかんだ一番カワイイのはうちのマフィンだけだ。

でもやっぱり俺も人間だから性欲くらいはある。でもセックスしたくても、ペニスが人よりも短くて細い俺にとっては風俗に行きたくもならない。
だからいつも1人でオナッているんだよね。
お気に入りのアダルトビデオをスマホで見て、猫が寝静まったころにヌく毎日だ。
毎日はウソだけど、週に3回は自分でヌいてるかな。テンガでも買ってみようかなとか思って楽天とか、Amazonみるけどいつもマフィンのおもちゃとかトイレ用砂をポチっちゃってるんだよね。
完全に末期だよね俺。完璧にセックスを諦めている男の末路だよね。
でも自然とそうなっちゃうんですよ。元カノどもにあんな言われようすると、どうしても自信を取り戻すなんてムリムリ。

2人目の彼女と別れてから3年くらいたっているけれど、新しい彼女もできないしこのままマフィンと2人で暮らしていくのも悪くないかもしれない。
将来的に子どもが欲しいわけじゃないし。でもセックスはしたいんだよね。
そんなジレンマを解消するためには、やっぱり自分に自信を取り戻して女性と触れあっていかないといけないかもしれない。

あー誰か俺みたいなヤツと付き合ってくれる子いないかな。